プレーコンサルティング型
サッカースクール
Amazing Football Academy
Amazing
Football
Academy
得意なプレー改善すべきプレーを理解し、
次のステージを目指そう!
充実の指導体制  個人評価表システムの導入
海外遠征 選手の成長を継続的にサポート
充実の指導体制 海外遠征
選手の成長を継続的にサポート
個人評価表システムの導入

Amazing Football Academy

プレーコンサルティング型
サッカースクールとは


サッカーがうまくなるとはどういうことを言うのでしょうか。

学校の勉強では、テストで間違えた部分が、解けるようになるまで復習することが点数アップの基本ですが、サッカーの世界では試合でエラーが起こっても、翌週もこれまでと一緒のトレーニングが繰り返されることが日常茶飯事です。そういったやり方では、プレーの向上はなかなか見られません。では、どういう取り組みをすればプレーが向上するのでしょうか。

欧州のトップ選手が個人のプレー向上のために取り組んでいることは、自分自身のプレーの映像を分析し、「得意なプレーをより強化する」「改善の余地のあるプレーを修正する」と、2つに分けたプレー群から、1つか2つを抽出し、一定期間かけて抽出し、プレーの向上に取り組みます。そして、プレーに改善が見られたら、他の項目に手をつけていくというやり方を行います。

本スクールでは、選手個々の得意なプレー、改善すべきプレーにフォーカスし、①得意なプレーは試合の中でより回数がでるように、②苦手なプレーは試合の中でミスが減るようにプレーのコンサルティングをいたします。

例えば、ドリブルでの突破が得意な選手は、ドリブルのトレーニングをするよりも、ボールを受ける際に前を向けるような身体の向きをどう作るかをトレーニングした方が、結果的に自分のドリブルがより活きることになります。このように、それぞれの選手のプレーの特徴に合わせて、より効果的なプレーができるためにはどうしたらよいかを映像を撮影した上で、伝えていきます。

Amazing Football Academyでは、スクール生に優先してご案内する「プレーコンサルティング型クリニック」を毎年8月と12月に開催、参加選手にプレーコンサルティングを実施しています。(別途参加費を頂いております。)
プレーコンサルティング型クリニックWEBサイト

それぞれの選手のプレーの特徴に合わせて、より効果的なプレーをするためにはどうしたらよいかを映像を撮影した上で、希望者にフィードバックします。映像分析にはゲーム分析ツール「SPLYZA」を採用し、字幕や図形などを使ったわかりやすいフィードバックを提供いたします。また、映像にはタグ付けするため、該当シーンの視聴も容易です。(映像は2019年8月に開催した「プレーコンサルティング型クリニック」にて撮影し、実際にSPLYZAを用いて動画でフィードバックした内容の一部です。)

○○○○君

先日は、Amazing Football Academyの1DAYクリニックにご参加いただきありがとうございました。〇〇君のプレーを見た評価をお送りします。

≪よい部分≫
初速が非常に早く、前にいく推進力を持っています。ボールを受けてから考えるのではなく、受ける瞬間にはもう前にでていく作業も同時に行っているので、相手にとっては守り辛い選手だと思います。

ゴール前ではどこのスペースに入っていくか、ゴール前でなければ、どの相手に向かっていけば、数的有利ができるのかを把握してプレーすればボールロストが圧倒的に減ると思います。


≪改善点≫
コントロールしながら前にでていくという部分はある意味、どこにいくかがしっかり見えていればよいのですが、ただ闇雲に前に進んでいくとなるとボールロストが増えます。映像でもあるとおり、ただ、何も考えずにボールを受けた瞬間に前にでていく癖があります。先に状況を把握し、どの軌道を通っていくか、誰に向かっていくか、それはスペースなのか、相手なのかを明確にすることが大切です。そうしないとボールロストが増え、監督としては使い辛い選手になります。

また、自分がボールを持ち、運んでいるときに目の前に相手が対峙した際に、ボールを離すタイミングが遅く、いつも相手に引っ掛かります。今、自分がボールを離すタイミングより、もっと早く離すことを心掛けてください。

最後に自分のプレーでボールを失ったら、100%の力で取り返しにいってください。

Amazing Football Academy
School News

Amazing Football Academy
School News

Amazing Football Academy
スクール各校

Our Services

ASLJ
ASLJ留学
U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ
ケリなび