プレーコンサルティング型
サッカースクール
Amazing Football Academy
Amazing
Football
Academy
得意なプレー改善すべきプレーを理解し、
次のステージを目指そう!
充実の指導体制  個人評価表システムの導入
海外遠征 選手の成長を継続的にサポート
充実の指導体制 海外遠征
選手の成長を継続的にサポート
個人評価表システムの導入

Amazing Football Academy

プレーコンサルティング型
サッカースクールとは


サッカーがうまくなるとはどういうことを言うのでしょうか。

学校の勉強では、テストで間違えた部分が、解けるようになるまで復習することが点数アップの基本ですが、サッカーの世界では試合でエラーが起こっても、翌週もこれまでと一緒のトレーニングが繰り返されることが日常茶飯事です。そういったやり方では、プレーの向上はなかなか見られません。では、どういう取り組みをすればプレーが向上するのでしょうか。

欧州のトップ選手が個人のプレー向上のために取り組んでいることは、自分自身のプレーの映像を分析し、「得意なプレーをより強化する」「改善の余地のあるプレーを修正する」と、2つに分けたプレー群から、1つか2つを抽出し、一定期間かけて抽出し、プレーの向上に取り組みます。そして、プレーに改善が見られたら、他の項目に手をつけていくというやり方を行います。

本スクールでは、選手個々の得意なプレー、改善すべきプレーにフォーカスし、①得意なプレーは試合の中でより回数がでるように、②苦手なプレーは試合の中でミスが減るようにプレーのコンサルティングをいたします。

例えば、ドリブルでの突破が得意な選手は、ドリブルのトレーニングをするよりも、ボールを受ける際に前を向けるような身体の向きをどう作るかをトレーニングした方が、結果的に自分のドリブルがより活きることになります。このように、それぞれの選手のプレーの特徴に合わせて、より効果的なプレーができるためにはどうしたらよいかを映像を撮影した上で、伝えていきます。

Amazing Football Academyでは、スクール生に優先してご案内する「プレーコンサルティング型クリニック」を毎年8月と12月に開催、参加選手にプレーコンサルティングを実施しています。(別途参加費を頂いております。)
プレーコンサルティング型クリニックWEBサイト

それぞれの選手のプレーの特徴に合わせて、より効果的なプレーが出来るためにはどうしたらよいかを映像を撮影した上で、参加者一人一人にフィードバックをしております。(映像は2018年12月に開催した「プレーコンサルティング型クリニック」にて撮影し、実際にコンサルティングに使用した映像の一部です。)

〇〇〇〇君

こんにちは。
先日は、Amazing Football Academyの1DAYクリニックにご参加いただきありがとうございました。〇〇君のプレーを見た評価をお送りします。

≪攻撃・良い点≫
常に半身でプレーをしようとする意図が見えます。ただ、どこにボールがあるときにどちらに半身にするかを理解出来ていないようです。

例えば、真ん中で受ける場合、どちらを向けばいいのか、悩むと思いますが、半身になり、ボールを受けた方向が味方にとって有利なスペース(つまり数的有利が多い方向)に身体を向けることが大切です。

パスを出した後、すぐに動き直しが出来ています。

ボールを受ける際、ライン間のギャップによく顔を出せています。非常によいポジショニングだと思います。また、どの位置にボールがある際も自分をマークする選手から離れてフリーで受けようとする意識があるのでよいと思います。

≪攻撃・改善の余地がある点≫
自分のチームがボールを持ち、トップの選手にボールが出て、後から押し上げている場面で、上がって行く時に、ただボールを見ながら上がっています。

常に空いているスペースがどこにあるのか、ということを意識しながら上がる必要があります。

映像だとディフェンスから〇〇君にボールが出て、後ろから追いかけていますが、左サイドにフリーの選手がいます。そこを見ずに上がっていて、たまたま自分にボールがこぼれました。その際、状況を確認しながら上がっていないので、よりスペースがない方へボールをコントロールしてしまい、チャンスを逃してしまいました。

また、ボールを受ける前に周りの状況が確認出来てない場面が多々あります。周りを見なければいけないという意図は時々見えますが、まだまだ見ることが出来ていません。

ポジショニングが良くなり、フリーで受けられる場面が増えているので、ここの認知という部分が改善すればさらに良くなるでしょう。

≪守備・改善の余地がある点≫
ルーズボールに対する寄せについてですが、相手から奪ってやろうという意志がない形の寄せです。真ん中の選手としてプレーしたい場合、こういったルーズボールに強く入れるかどうかというのは非常に大切です。いわゆるハリルが言っていたデュエルの部分です。

Amazing Football Academy
School News

Amazing Football Academy
School News

Amazing Football Academy
スクール各校

Our Services

ASLJ
ASLJ留学
U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ
ケリなび